事故車、出張無料見積、画像見積
トヨタ(TOYOTA)

Garage UP!! ガレージアップ

CAR REPAIR FACTORY


板金 塗装 修理 車検のガレージアップ TEL072 822 3344

  1. 大阪府寝屋川市のWEB受付の自動車修理工場です。
    ★ 中古車・中古パーツ販売一覧  中古車、中古パーツも販売中!★  

    お車の買取致します。(無料買取査定!)

    ★【地図】当社本店の所在地はこちらでご確認ください★  


  2. WEBに特化し、自家用車と商用車の板金と塗装と車検整備を格安にて致します。
  3. 修理を電話072 822 3344で簡単にお見積!車両の状態をお伝え下さい!
  4. 大きな事故は24時間レッカー車対応!お見積はいつでもOK!代車無料にて修理を致します。
  5. お車のエンジン・ミッション・機械類の修理も致します。
  6. ガラスコーティングとエアロパーツ取付、オーディオとエアロパーツを取付致します。
  7. 必要な個所のみ修理した、格安の車検を受付しています。もちろん整備も致しています。
  8. レーシングカー(NSX、GTRなど)、クラッシックカー、外国車(ベンツ、BMW、GMなど)の修理も致します。
  9. 保険事故取扱!保険取扱店ですので、事故車の修理等をすべて対応致します。お気軽にお問合せください。
  10. 当社は中古車の販売及び買取をしています。
    電話で簡単、無料買取査定中です
    車検証と走行距離とグレードをご確認しお気軽にご相談下さい。
    WEB広告に特化し、広告費等のコストを徹底的に削減し、高品質のサービスをガレージアップはご提供致します。
Garage UP!! ガレージアップ  E-mail: g-up@rf7.so-net.ne.jp
★大阪府寝屋川市小路南町 10-8★
TEL: 072-822-3344  FAX: 072-822-3345    担当: 上村 (090-3706-2900)

エンジンオイル交換


エンジンオイルの交換を行う場合、古いオイルの排出、新しいオイルの注入、オイル量のチェックの順で行う。古いオイルの排出には、エンジンオイルのレベルゲージより手動または電動のオイルポンプでオイルを排出する方法と、エンジン底部のオイル・パン排出口からオイルを排出する方法の2通りがある。それぞれの場合のエンジンオイル交換方法は以下の通り。
エンジン上部からオイルを排出する方法
エンジンオイル・フィラーキャップを外す。
エンジンオイル・レベルゲージを抜き、その穴よりオイルポンプのチューブをオイルパン底まで差し込む。
ポンプを動かし、オイルが無くなるまで吸引する。
エンジンオイル・フィラーから新しいオイルを注入し、キャップを閉める。
エンジンを一定時間運転する。
エンジンオイルのレベルをチェックし、規定範囲である事を確認する。
エンジン底部からオイルを排出する方法
エンジンオイル・フィラーキャップを外す。
カーリフトで作業しやすい位置まで持ち上げる(一般に身長程度)。
オイル・パンのドレーン・プラグを外し、古いオイルを排出する。
ドレーン・プラグのガスケットを新品に交換する。
オイルの排出が終了したら、オイル・パンのドレーン・プラグを閉め、規定トルクで締付ける。
リフトを下げ、車体を下ろす。
エンジンオイル・フィラーから新しいオイルを注入し、キャップを閉める。
エンジンを一定時間運転する。
エンジンオイルのレベルをチェックし、規定範囲である事を確認すると共にオイル漏れの有無を確認する。
エンジン上部からオイルを排出する場合、エンジン底部からオイルを排出する場合、いずれの場合も、エンジンオイル・フィラーキャップを先に外しているが、これは「オイルの排出は出来たが、注入が出来ない」状態を避ける為である。

ブレーキディスクローター交換


ブレーキディスクローター(以下ディスクローターと略す)の交換は、ブレーキの構造により作業手順が異なる。ここでは、対向ピストン方式のディスクブレーキの場合に準じて紹介する。 ただし、殆どの場合、ディスクローターだけの交換は、いわゆるブレーキの「当たり」を変えてしまうため、ブレーキパッド交換とセットで行われる場合が多く、ブレーキパッド交換の節と重複するので、差分を太文字で示す。
尚、この作業は道路運送車両法による「分解整備」に該当するため、有償、無償に関わらずこの作業を行えるのは、所有者(車検証に記載されている「使用者」も当該自動車の所有者とみなされる。)と国土交通省から認証番号の交付を受けた自動車分解整備事業者だけである。
タイヤを取り付けているナットを緩める。
車止めをかけて、ジャッキで車体を持ち上げ、ジャッキスタンドで車体を保持する。
タイヤを取り付けているナットを外し、タイヤを取り外す。取り外したタイヤは、車体下に置き、万一車体が落下した場合に備える。
ブレーキパッドを押さえているピンまたはボルトを外す。
ブレーキパッドを押さえている金具を外す。
ブレーキパッドを押して、ブレーキピストンを押し戻す。
ブレーキパッドを取り外す。
ディスクキャリパーを止めているボルト等を外す。
ディスクキャリパーを外す。(この時点で、現在の多くの車においてはディスクローターを留めておく構造は存在しない)
ディスクローターを外し、新しいディスクローターを取り付ける。
ディスクキャリパーを取り付ける。
ディスクキャリパーを止めていたボルトを取り付ける。
新しいブレーキパッドを取り付ける。
ブレーキパッドを押さえている金具を取り付ける。
ブレーキパッドを押さえているピンまたはボルトを取り付ける。
タイヤを取り付け、ナットを締める。
車体を下ろし、規定トルクでタイヤを取り付けているナットを締める。
低速で走行し、ブレーキが効くか、異音がしないかを確かめる。

冷却水交換


現在の多くの市販車では、通常LLCと呼ばれる防錆剤を含む不凍液を注入されているため、交換頻度は低い。ただし、それは定期的交換を否定するものではなく、むしろ防錆剤の効果が切れる頃(3年とも5年とも言われていて、メーカーによって様々であるが)の定期的な交換を必要とするものである。尚、LLCには大別して「赤」と「緑」があり、トヨタでは赤、日産では緑が新車時に注入されている。また外車では「青」もある(補充時には、同色系を補充するとされている)。当然、車種によって構造等の違いから手順は様々であるが、概ね次の通りである。
ラジエターキャップと下部のドレンプラグを外し、中に入っている冷却水を抜く。(温暖時は、冷却水が噴き出すため、ラジエーターキャップの取り外し時に布をかぶせるなどの注意が必要。)
(指定されている車種では)ラジエターホース、ヒーターホース等を外し、溜まっている冷却水を抜く。
清涼な水でラジエター内、シリンダーブロック等を洗浄する。
ホース、ドレンプラグを元に戻し、適正な濃度に調整された不凍液を規定まで入れる。(日本国内の寒冷地仕様では濃度約50%・凍結温度-35℃くらいに調整する。 関東以南では、適切な量水を足し薄めて良い)
エンジンを始動し、ヒーターの調整レバーを最高温度にして、サーモスタットが開いて冷却水が完全に循環するまで、適時冷却水の量を確認しながら暖気する。場合によっては、ラジエター等に風が当たらないように適切な処置をする。
完全に循環し、中の空気が逃げたのを確認してから、冷却水を更にラジエターいっぱいまで足し、ラジエターキャップを閉める。
リザーブタンクの規定量まで冷却水を足す。

エアクリーナー(Air cleaner)


エアクリーナー(Air cleaner)とは、エンジンやエアコンの吸気部に装着されるエアフィルタ又はそれを納めた装置である。
自動車用語としてはエンジン吸気用途のものがエアエレメント、エアコン吸気用のものがクリーンエアフィルタと呼び分けられており、どちらも不織布等の濾材で大気中に含まれる粉塵などを分離し、清浄な空気を供給するために用いられる。

操舵装置


操舵の制御は、舵取り機構によって車輪に角度を付ける(推進力抵抗を作る)ことで、推進方向へ進む車体を任意の旋回軌道に振り分ける(抵抗の少ない方向へ導く)装置のことである。向きを変える機構をステアリング(システム)と称し、ステアリングを操作する操作部ハンドルおよびステアリング・ホイールと呼ぶ。ハンドルをひねるとステアリングに連結された円筒ギヤが回転し、ラックと呼ばれる直線状に歯をつけたまっすぐな棒を作動させ、タイロッド呼ばれる棒を伸縮させる。タイロッドは車輪(タイヤ)を取り付けているナックルを押しのけタイヤを操舵させる。
また一般的な例として右カーブでハンドルを右に切ると右タイヤの方が操舵角度が大きくなる傾向がある。これは、カーブ中の左右のタイヤの軌跡が異なる為、車両側でこの差を吸収させスムーズな旋回を行えるように設計された結果である。この事実を知らないドライバーが欠陥車としてクレームを入れたこともある。
操舵輪は前輪が主流であるが、走行安定性の為、後輪も操舵する車両も存在する。反対にキャタピラを持つ車には操舵装置に頼らず旋回するものまである。

トラックの買取・販売とトラック架装・整備・車検情報!簡単に買取査定中! 大阪市(住之江区・此花区・西淀川区・福島区)
中古トラックweb専門店の買取と販売とトラック架装・整備、トラックを買取査定! 大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
激安トラック販売と買取 兵庫県(伊丹市・尼崎市・宝塚市・川西市)
東大阪 トラックの買取・販売情報!自宅の電話で簡単買取査定中!
ユニック買取と販売のトラック123 柏原市
神戸 中古トラックweb専門店の買取と販売
(有)フリーマーケット123  貨物・輸送・運輸の中古 トラック買取・販売とトラック架装・整備 和歌山市・岩出市・紀ノ川市・橋本市
ダンプ・アームロール・クレーン・トラック各種の買取販売とトラック架装・整備!無料買取査定! 岐阜市・各務原市・関市・美濃市・多治見市
近畿 トラック各種を高価買取中!中古トラック販売情報
web専門 中古トラック激安販売とトラック架装・整備のトラック123 奈良地域(奈良・天理・生駒・香芝・五條)
トラックの買取・販売とトラック架装・整備・車検情報!簡単に買取査定中! 茨城県・栃木県・群馬県・山梨県
トラックの買取・販売とトラック架装・整備・車検情報!簡単に買取査定中! 三菱ふそう(キャンター・ファイター・グレート)
中古トラック激安販売とトラック架装・整備・車検(web専門店) 茨城県・栃木県・群馬県・山梨県
三重 トラック車検
トラック買取直販情報!高価買取と中古トラック販売情報とトラック架装・整備 京都地域(京都・京田辺・木津川・亀岡)
箕面市と吹田市で 中古重機買取のTRUCK123
web専門 中古トラック激安販売とトラック架装・整備のトラック123 河内長野市・大阪狭山市(大阪府)
中古トラックweb専門店の買取と販売とトラック架装・整備、トラックを買取査定! 京丹後市・舞鶴市・福知山市・綾部市
中古重機買取と販売のトラック123 近畿地域
中古トラック販売とトラック架装・整備情報とトラック各種を高価買取!TRUCK123 積車・キャリアカー・重機運搬車
枚方市と交野市で 中古クレーン販売のTRUCK123
寝屋川 トラック販売と買取
中古トラック販売とトラック架装・整備のフリーマーケット123 高価買取! 愛知県・岐阜県・静岡県・三重県
コストを削減したWEB専門の激安トラック販売とトラック架装・整備の大阪トラック買取直販センター 愛知県(一宮市・稲沢市・愛西市・蟹江市)
大阪 クレーン買取情報
USED TRUCK SHOP  free-market123 TRUCK123  IN OSAKA-JAPAN: 新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県
大阪市 エルフ買取情報
中古トラック激安販売とトラック架装・整備・車検(web専門店) 愛知県・岐阜県・静岡県・三重県
USED TRUCK SHOP  free-market123 TRUCK123  IN OSAKA-JAPAN: 福井県(高浜町・小浜市・若狭町・美浜町)
トラック・中古車の買取と販売とトラック架装・整備 情報 大阪トラック買取直販センター 滋賀県(近江八幡市・彦根市・米原市・長浜市)