クルマの保険事故修理
三重県(桑名市・四日市市・鈴鹿市・津市)

自動車板金塗装 ガレージアップ

CAR REPAIR FACTORY


板金 塗装 修理 車検のガレージアップ TEL072 822 3344

  1. 大阪(寝屋川、四条畷、門真、守口、枚方、交野)の自動車修理工場です。
    ★ 中古車・中古パーツ販売一覧  中古車、中古パーツも販売中!★  

    お車の買取致します。(無料買取査定!)

  2. WEBに特化し、トヨタ車からベンツ車までの板金と塗装と車検整備を格安にて致します。
  3. 修理を電話072 822 3344で簡単にお見積!車両の状態をお伝え下さい!
  4. 大きな事故は24時間レッカー車対応!お見積はいつでもOK!代車無料にて修理を致します。
  5. お車のエンジン・ミッション・機械類の修理も致します。
  6. ガラスコーティングとエアロパーツ取付、オーディオとエアロパーツを取付致します。
  7. 必要な個所のみ修理した、格安の車検を受付しています。もちろん整備も致しています。
  8. レーシングカー、クラッシックカー、外国車(ベンツ、BMW、アウディなど)の修理も致します。
  9. 保険事故取扱!保険取扱店ですので、事故車の修理等をすべて対応致します。お気軽にお問合せください。
  10. 当社は中古車の販売及び買取をしています。
    電話で簡単、無料買取査定中です
    車検証と走行距離とグレードをご確認しお気軽にご相談下さい。
    WEB広告に特化し、広告費等のコストを徹底的に削減し、高品質のサービスをガレージアップはご提供致します。
    ★【地図】当社本店の所在地はこちらでご確認ください★  

自動車板金塗装 ガレージアップ  E-mail: g-up@rf7.so-net.ne.jp
★〒572-0866大阪府寝屋川市小路南町10-8
TEL: 072-822-3344  FAX: 072-822-3345    担当: 上村 (090-3706-2900)

ブレーキフルード交換


現在の自動車・オートバイでは、ブレーキの機械構造として油圧を用いるのが主流であり、その油圧として用いられる油脂をブレーキフルードと呼ぶ。多くの場合植物性油脂で、国産車ではDOT3 DOT4 DOT5と呼ばれる規格の物が用いられる。 ここでは、定期交換時に行われる、いわゆる一般的な「継ぎ足し交換」について紹介するが、もちろん車種等で手順が異なる場合がある。
車体をリフト等で4輪とも完全に浮いた状態に保持し、全タイヤをホイールごと外す。
運転席から最も遠いブレーキ(国産車では左後ろ)のホイールシリンダーに付いているエア抜き用ドレンボルトにタンクの付いた透明なホース(エア抜き用専用工具である)を取り付け、ドレンボルトを緩める。
ブレーキフルードのリザーブタンクが概ね空になるまで、ブレーキペダル(以下ペダルと略す)をポンピングする。(この時、マスターシリンダーに空気が入らない程度までで止める。)
A) 新しいブレーキフルードを適時足す。
B) 抜けたブレーキフルードが新品の色になるまで、再びペダルをポンピングする。
C) ドレンボルトを仮締め、数回ペダルをポンピングした後、踏んだまま保持する。
D) ドレンボルトを緩め、流出してくるブレーキフルードに気泡が無いことを確認し、ドレンボルトを仮締める。
E) C?Dを数回繰り返し、ドレンボルトを確実に締める。
A?Eを、全てのブレーキで繰り返す。
エンジンを始動し、倍力装置が作動した状態で、ペダルの踏みしろ・感触を確認する。
タイヤを取り付け、低速走行でブレーキの利きを確認する。

エンジンオイル交換


エンジンオイルの交換を行う場合、古いオイルの排出、新しいオイルの注入、オイル量のチェックの順で行う。古いオイルの排出には、エンジンオイルのレベルゲージより手動または電動のオイルポンプでオイルを排出する方法と、エンジン底部のオイル・パン排出口からオイルを排出する方法の2通りがある。それぞれの場合のエンジンオイル交換方法は以下の通り。
エンジン上部からオイルを排出する方法
エンジンオイル・フィラーキャップを外す。
エンジンオイル・レベルゲージを抜き、その穴よりオイルポンプのチューブをオイルパン底まで差し込む。
ポンプを動かし、オイルが無くなるまで吸引する。
エンジンオイル・フィラーから新しいオイルを注入し、キャップを閉める。
エンジンを一定時間運転する。
エンジンオイルのレベルをチェックし、規定範囲である事を確認する。
エンジン底部からオイルを排出する方法
エンジンオイル・フィラーキャップを外す。
カーリフトで作業しやすい位置まで持ち上げる(一般に身長程度)。
オイル・パンのドレーン・プラグを外し、古いオイルを排出する。
ドレーン・プラグのガスケットを新品に交換する。
オイルの排出が終了したら、オイル・パンのドレーン・プラグを閉め、規定トルクで締付ける。
リフトを下げ、車体を下ろす。
エンジンオイル・フィラーから新しいオイルを注入し、キャップを閉める。
エンジンを一定時間運転する。
エンジンオイルのレベルをチェックし、規定範囲である事を確認すると共にオイル漏れの有無を確認する。
エンジン上部からオイルを排出する場合、エンジン底部からオイルを排出する場合、いずれの場合も、エンジンオイル・フィラーキャップを先に外しているが、これは「オイルの排出は出来たが、注入が出来ない」状態を避ける為である。

エンジンにおけるシリンダー


初期のエンジンにおけるシリンダーはエンジンにおいて最大の部品だった。ピストンがもたらす摩擦を如何に軽減するかについて様々な実験が行われた。蒸気エンジンでは発生する水分が減摩材として作用する為、潤滑機構は無いか、あっても簡単なものであった。
外燃機関のシリンダーは、燃焼室が無い為対称的な構造をもつ。作動流体の熱エネルギーを膨張によって運動エネルギーに変換しピストンに伝達する。シリンダー内側は滑らかな場合が多く、ピストンにはガスケットが取り付けられ二つの部屋を分離密閉している。ピストンの運動は直線の往復運動の形で取り出され、外部のクランクによって回転エネルギーに変換している。シリンダーは付属するスライドバルブによって吸気排気が切り替えられ、一往復で2回運動エネルギーを取り出すことができる。主に蒸気機関に用いられた。スターリングエンジンのようにシリンダーが熱交換器として作用するものもある
内燃機関のシリンダーは外燃機関の機能を踏襲しており、基本的な構造や役目は外燃機関と似ているが、複雑になった。 一端はピストン・シリンダーヘッドと共に燃焼室を形成し、その密閉された容積により燃料と空気(混合気)を圧縮する。 圧縮された混合気は点火され、爆発燃焼する。燃焼して生じた燃焼ガスが持つ熱エネルギーによる膨張をピストンで受け運動エネルギーに変換する。 燃焼室の反対側ではピストンの運動をコネクティングロッド(コンロッド)・クランクシャフトにより回転エネルギーとして取り出す為の開口部となる。 水冷エンジンにおいては外壁または二重構造による中空部でウオータージャケットを形成して冷却を行う。 2ストローク機関ではシリンダーに開けられた穴・インテークポートとエキゾーストポートにより掃気が行われる。 シリンダー内側はホーニング加工されており、クランク側から供給される潤滑油を保持しピストンが滑らかに動くよう潤滑する。ピストンには複数のピストンリングが取り付けられ気密を保ち、シリンダー壁面の油膜を最適に保つ。
ピストンと共にエンジンの中枢部を構成する。
ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンのシリンダーはかつては単体の部品で、鋳鉄製の筒が一般的であった。現在の主力は摺動部の耐磨耗性の観点からシリンダーライナーを導入しシリンダーブロック(シリンダージャケット)に圧入もしくは鋳造時に鋳込んで用いるもの。シリンダーをシリンダーブロックと共に一体鋳造とした方式が普及しつつある。これに対してライナーを導入しない方式はライナーレスエンジンと呼ばれるが、シリンダー内壁にニッケルシリコン合金(Nikasil:ニカシルorニカジル(商標))に代表される金属酸化物添加合金をめっき(溶射)するもので、1967年NSU・Ro80に使用され、ポルシェが1970年にレースカー(ポルシェ・917)に採用したのをはじめ、主にハイエンド仕様やレース仕様の車や小型車、バイクを中心に普及した。ライナーレス仕様は軽量で放熱性に優れ、ピストンリングと親和性が高いのが特徴。またピストンもシリンダーも同じアルミニウム合金で作る事ができるため、熱膨張してもクリアランスが保たれエンジン出力の向上に寄与する。溶射部分の耐久性は鋳鉄と同等以上であり、表面にほどこされたホーニング加工をエンジン寿命の終期まで保ち続ける。一方量産性と溶射加工時のスループットが長いことから加工コストが高くなる。
部品点数の削減と剛性の向上を図るため、クランクアッパーケースとシリンダーブロックを一体鋳造したエンジンもあり、3ピースエンジン等と呼ばれる。
ヤマハ発動機はライナーレス方式を発展させ、シリンダーブロック全体をアルミニウム・シリコン合金でつくり、メッキさえも不要としたDiASil(ダイアジル)シリンダーを開発した[1]。この方式によればメッキ方式に見られるスループットの問題は改善されるが、硬度が高く鋳造後の加工が困難となるのが欠点である。
船舶用エンジンはシリンダー・ピストンが巨大であり、大量の空気を充填し、きわめて長くて太いシリンダーで効率的に大きな出力を獲得できるよう工夫してある。

電気自動車(でんきじどうしゃ)


電気自動車(でんきじどうしゃ)とは、電動機(電動モーター)を動力発生源として推進する自動車(軌道不要の車両) [1]。 同様に使われる言葉にEV (electric vehicle) がある。
走行中に外部からのエネルギー供給を受けない電気自動車については「電池自動車」を参照。内燃機関と電動機を並列的に用いる自動車については「ハイブリッドカー」を参照。
内燃機関と電動機を直列的に用いる自動車のうち、少なくとも二次電池を介して、また回生エネルギーを充電するものはハイブリッドカーであり、電気自動車の範疇に含まれるが、電気を動力伝達だけに使っているものは一次的エネルギー源が電気とは言えないので「ガスタービン・エレクトリック車」「ディーゼル・エレクトリック車」と呼ばれ電気自動車の範疇に含まれない。これらは「ガスタービン原動・エレクトリック駆動」「ディーゼル原動・エレクトリック駆動」の略称である。

デフオイル交換


デフオイル交換デフ(デファレンシャル・ギア)オイルは、一般的に交換頻度が低く、車種によっては、デファレンシャル・ギア・ケースを分解しないとオイルの排出が出来ない場合もある。またFF車の場合、トランスミッションとデファレンシャル・ギアが一体となっており、オイルも共用する事から、デフオイル単体での交換という作業の無い場合も多い。ここでは、デファレンシャル・ギアが単独で存在し、ギア・ケースにオイル交換用の排出口と注入口がある場合を想定して、交換手順を説明する。
車止めをセットし、ジャッキで車体を持ち上げ、ジャッキスタンドで保持する。
デファレンシャル・ギア・ケースのオイル注入口を閉じているボルトを外す。
デファレンシャル・ギア・ケースのオイル排出口を閉じているボルトを外し、オイルを排出する。
オイル排出口を締める。
オイル注入口からデフオイルを注入する。
オイルが注入口より溢れたら、オイル注入口を締める。
車体を下ろす。

冷凍車買取と販売のトラック123 柏原市
関西 コボレーン架装
中古トラック販売とトラック架装・整備情報とトラック各種を高価買取!TRUCK123 積車・キャリアカー・重機運搬車
伊丹市と豊中市で 散水車リースのTRUCK123
トラック買取直販センターのトラック123 大東市
中古トラック販売とトラック架装・整備情報とトラック各種を高価買取!TRUCK123 福井県(敦賀市・福井市・越前市・鯖江市)
トラックの中古販売とトラック架装・整備情報、トラックに関する基礎知識 関西(大阪・京都・奈良・和歌山・兵庫)
中古トラック販売とトラック架装・整備の情報!健康第一!TRUCK123 冷凍車・冷蔵車・保冷車
中古トラック販売とトラック架装・整備のフリーマーケット123 高価買取! 岐阜市・各務原市・関市・美濃市・多治見市
鳥取で 散水車リースのTRUCK123
三重で 冷凍車買取のTRUCK123
奈良 クレーン販売情報
枚方 トラック架装
ダンプ・アームロール・クレーン・トラック各種の買取販売とトラック架装・整備!無料買取査定! 大阪市(天王寺区・平野区・大正区・港区)
中古トラック販売とトラック架装・整備の情報!健康第一!TRUCK123 三重・和歌山・岐阜・滋賀
コストを削減したWEB専門の激安トラック販売とトラック架装・整備の大阪トラック買取直販センター 兵庫地域(神戸・宝塚・伊丹・姫路)
中古トラック販売とトラック架装・整備のフリーマーケット123 高価買取! アルミバン・ウイング・平ボデイ
関西 トラック架装
トラックの中古販売とトラック架装・整備情報、トラックに関する基礎知識 兵庫県(姫路市・たつの市・相生市・赤穂市)
トラック・中古車の買取と販売とトラック架装・整備 情報 大阪トラック買取直販センター 滋賀県(近江八幡市・彦根市・米原市・長浜市)
東大阪市と大東市で ダンプ買取のTRUCK123
中古トラック激安販売とトラック架装・整備・車検(web専門店) 茨城県・栃木県・群馬県・山梨県
トラックの買取・販売とトラック架装・整備・車検情報!簡単に買取査定中! アルミバン・ウイング・平ボデイ
中古トラックweb専門店の買取と販売とトラック架装・整備、トラックを買取査定! 大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
神戸 ダンプ買取情報
トラック買取直販センターのトラック123 堺市
パッカー車買取と販売のトラック123 尼崎市
門真市と守口市で 中古ユンボ買取のTRUCK123
(有)フリーマーケット123  貨物・輸送・運輸の中古 トラック買取・販売とトラック架装・整備 大阪市(西区・北区・中央区・旭区・浪速区)
(有)フリーマーケット123  貨物・輸送・運輸の中古 トラック買取・販売とトラック架装・整備 海南市・有田市・御坊市・美浜市(和歌山県)